パリアティブケアホームについて


「palliative」(パリアティブ)は「軽減」の意味を持つ英単語であり、「palliative care」(パリアティブケア)は、生命(人生)を脅かす疾患による問題に直面している患者およびその家族のQOL(Quality of life, 生活・人生の質)を改善するアプローチです。WHOでは、「苦しみを予防したり和らげたりすることでなされるものであり、そのために痛みその他の身体的問題、心理社会的問題」等を「早期に発見し、的確なアセスメントと治療を行うという方法がとられる」ものであると定義されています。

比較的新しい概念であり、日本では「緩和ケア」と訳されることが多くなっていますが、正確には、前述のような意味を持った言葉であると認識しています。

最適解を追求し、真のパリアティブケアを実現する。

そのような強い想いを込め、また、施設の運営理念としたく、「パリアティブケアホーム」をグループで運営する施設のブランドネームとしました。